汗臭くなるのが嫌だ… そんなメンズの皆さんにオススメの制汗剤《5選》!

冬が明けて春になり、だんだん暖かくなってくると嫌になってくる方、いらっしゃるのではないでしょうか。汗をかくと臭くなるからかきたくない、夏になってほしくない、と思ってだんだん中にこもるようになってしまうのはもったいないです。そんな悩みを解決して夏をエンジョイするため、今回はしっかりと汗のにおいをブロックしてくれる制汗剤を紹介していきます。

 

1.デオナチュレ 薬用ソフトストーンW

出典:https://www.kenko.com/product/item/itm_8828838072.html

1080円/20g

スプレー・クリーム・スティックなど様々な種類のものがある制汗剤のうちの、いわゆるスティックタイプ」と呼ばれるものです。「デオナチュレ 薬用ソフトストーンW」はスティックのりのように使うのですが、非常に制汗力が強く、朝塗れば一日中臭いをしっかりと抑えることができます。

コスパもよく、ワキガ・臭い対策を手軽に始めたいメンズはまず試してみるべき一品です。

 

2.エージーデオ24 パウダースプレー

出典:http://www.shiseido.co.jp/sw/products/SWFG070410.seam?shohin_pl_c_cd=708201&online_shohin_ctlg_kbn=1

1188円/180g

こちらの「エージーデオ24 パウダースプレー」はスプレータイプのもので、非常に手軽に使うことができます。他のスプレータイプのものは、効果が薄いものが多く汗ですぐに流れてしまうものばかりでした。しかし、強い制汗力に加え肌に密着して臭い菌を殺菌してくれるエージーデオ24は、朝に一吹きすれば一日中暑いでも臭いを気にすることなく過ごせます。

小さいサイズのものもあり、出先で気軽に使うこともできます。

 

3.GATSBY さらさらデオドラント ボディペーパー

出典:https://www.amazon.co.jp/GATSBY-%E3%82%AE%E3%83%A3%E3%83%84%E3%83%93%E3%83%BC-%E3%81%95%E3%82%89%E3%81%95%E3%82%89%E3%83%87%E3%82%AA%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%88-%E3%83%9C%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC-%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%B9/dp/B0012UGWM2

594円/30枚

続いては、運動部に入っていた人はおなじみであろう「GATSBY デオドラントペーパー」です。シトラスを配合しており、吹いた瞬間に爽快感があります。どの部位でもしっかりと拭くことができるうえ、汚れた肌もきれいになります。

スティックタイプやスプレータイプと比べ継続的な効果は得にくいですが、その分即時に爽快感と制汗効果が得られる使い勝手の良さや値段の安さがあるので、汗をかく際には持っておくと便利でしょう。

 

4.デトランスα

出典:http://taisyuu-wakiga.info/archives/1267

4800円

この「デトランスα」は今までの薬局で手軽に買えるような国内の制汗剤とは一味違い、個人輸入でしか日本に入ってきていない、デンマーク産の強力な制汗剤です。使い方が少し変わっていますが、実力は本物です。

「塩化アルミニウム」という汗と反応する物質が中心にあり、これによって汗腺に蓋がされて脇汗がそもそもでないようにするという商品です。塩化アルミニウムが反応すると塩酸が発生しかゆみを起こすのですが、この商品は塩酸を回収する物質を含んでおりその副作用を抑えることができます。

値段が値段なため、まず使ってみようと手を出すには難易度の高い品ですが、ワキガに真剣に悩んでいる方々は十分検討する価値のあるものです。

 

5.クリアネオ

出典:https://wakigataisaku-clinic.com/cleaneo_/kutikomi

5980円/30g

こちらの「クリアネオ」も「デトランスα」のような強力な制汗剤です。「デトランスα」とは異なりクリームタイプなのですが、殺菌・制汗に有効な成分で臭いを消してくれます。

また、脇だけでなく全身(目や粘膜以外)に使えるので使い勝手も非常の良いです。必要量に対する値段は少し他の商品より高いものの、きちんと使えばきちんと効果を得られるので、ちゃんとしたものを使ってみたい方は試してみてください。

 

制汗剤にはスティック・スプレー・クリームなど様々なタイプがあり、使いたい部位や症状に合わせて選ぶ必要があります。また、値段帯も上から下まで幅広くあるため、返金保証があるかどうかや口コミなどをチェックしないとアフィリエイトなどに引っかかってしまいます。そういったことに気を付けながら、実際に試して合ったものを見つけてください。

 

■関連キーワード  美容 サロン専売品 コスメ ネイル メイク ファッション